TPP=年金の男女350人を実施して鶴岡首席交渉への名前がい

昨日、新任の課長さんが来て新体制の話があり、来年3月31日で定年退職することが決まりました。ここ3年病休と休職中だったので仕方ありません。あとは、年金で暮らしていけるかが心配です。

書類謎すぎて年金事務所来たわ\(^o^)/すげぇ場違い感\(^o^)/自分が退職する時期までに年金制度が崩壊している可能性は高い、と頭ではわかっていたつもりだったが、崩壊の予兆がもう足元に来ていることを知って少しビビる。老少不定とはいえ、長く生きてしまう可能性もあるわけで。普通の国民は約6万年金という名目で盗まれているのに生活保護は12万を何も無しで貰えるうえ年金は払わなくてもいいんですよ。家賃、医療費無料等を考えると新卒の給料より高いです。これが最低限の生活と言えますか?消費税増税、給与所得控除廃止、軽自動車税増税、健康保険や介護保険や年金も年々増額等々、まともな社会人ほど大変な時代になるわな。

父ちゃんにおこらりた…失業給付と年金の絡みで説明が足りない!と…私が説明管理するのん(´д`)続き)元々医療費タダの国だから、国内でできない治療に国がお金を出すのを疑問に思わないようだけど、革命前は、国内ではロクな医療が受けられないというのは、当然公式見解ではなかったから、渡航治療は本人の勝手だった筈。給与や年金の未払もあるから判る気もするけど、どうもピンと来ない。

自分の好きだったロックスターがほとんど年金世代になっている。それでも現役ってすごいぞ。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です

コメント

2014年1月

2014年 04月
01 02 03 04 05
06 07 08 09 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

週刊天気

ニュース

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック